○会計監査

  1. HOME /
  2. 業務内容 /
  3. 会計監査 /
  4. 会計監査

会計監査

社会福祉法人、学校法人や一般社団法人等の会計監査・会計税務支援や中小企業の任意監査を主に実施いたします。勿論、上場準備や非上場の法定監査も行います。上場会社の金商法監査や各種法定監査を数多く経験した公認会計士が担当いたします。

会計監査の目的は、会社が公表する決算書が会計のルールに則って作成されているかどうかを確認し、株主や投資家に決算書の信頼性を保証するものです。

会計監査は、一般的には大手企業のものというイメージで、中小企業にはあまり馴染みがないものです。しかし、そのノウハウ自体は中小企業にとっても有益なものです。

会計監査では、帳簿の数字を見るだけ訳ではありません。その会社の事業活動や管理体制まで踏み込んで会社の実態を十分に把握した上で、決算書がその会社の実態を表しているかを確認しています。
そのため、その会社がどのようなビジネスモデルで事業展開しているか、どのような管理体制を構築しているか、また、関連会社や取引先とどのような契約をしているか、などを詳細に確認する必要があります。
決算書や帳簿に限らず、事業計画や資金繰りについて議論することもあり、経営者と今後の事業展開についてディスカッションすることもあります。

会計監査を長年経験したことで、いろいろなビジネスモデルをより深く理解できますので、今のビジネスをより拡大、経営の安定性を確保、新規ビジネスの成功等を相談されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

WEBでのご相談(24時間受付)
mailメールフォーム
お電話でのお問い合わせ
TEL.048-871-8698受付時間 9:00~18:00(月曜日から金曜日)